One Night Samba

この曲の表示回数 6,833
歌手:

SILVA


作詞:

SILVA


作曲:

黒羽康司


魅かれた甘い香水 慣れている誘い文句
体だけ そっと委ねてみた 名前も知らないあなたに

騒いだ真夏の陽気に 汗ばむ肌を寄せて
誰かを想える 自分にもう一度 会えるような気がしたから

夜の灯り 風の匂い
賑わう街で ヒール鳴らす

見つめた唇 こぼれる言葉を拾いたい
たやすく頷かないで もっと求めて

淫らなダンスの後には 唇重ねましょう
あなたのリズム伝えてみて 夜明けまで

疲れた昼間の空気に 求めたきつい煙草
訳もなく胸を よぎっていく 恋をしたい
あの日のように

夜の意識 潤む瞳
見つけた勇気に 心あえぐ

探した孤独を どこかに追いやる方法を
触れたこの手の 温度をもっと上げて

交わしたジョークの後には もう一度笑いましょう
近くのでいい 夢の話 聞かせて

人間は愛だけが 見えない 手に入れたいのに届かない
心急いで 泳ぐ岸辺のない海で

淫らなダンスの後には 唇重ねましょう
名前くらい教えて 夜明けまでに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:One Night Samba 歌手:SILVA

SILVAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/06/23
商品番号:HGCB-1006
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP