試聴する

アンルート

この曲の表示回数 110
歌手:

elfin'


作詞:

40mP


作曲:

40mP


乾いた喉を潤すために
コップの水をひと口飲んだ
幼い頃 転んで流した
あの涙の味がした

あれから私は変われたかな?
転ばずに歩けてはいるけど
道端に咲く花や石ころ
知らんぷり どこ吹く風

意味のないことは
全部ゴミ箱の中に捨てた
私が今生きている
意味もわからないくせに

はじまりはいつもすぐ傍にある
気づかずに通り過ぎているだけ
誰かに呼ばれたような気がして
振り向いた私の髪を風が揺らした

どこへ行くにも考えすぎて
道標ばかり頼りにして
自分らしくいれたら
今より上手に笑えたのにね

届かないって決めつけて
伝えずにいた言葉が
心の中 膨らんで
青空に浮かんでゆく

遠すぎてまだ先は見えなくて
現在地さえわからないけど

昨日よりも少し強くなれた
弱虫な私のことを褒めてあげたい

大切なものはきっと
そこにいるだけじゃ気づけない
歩き疲れ立ち止まるときわかるの

躓いて転んでしまったなら
大空に抱かれて眠ればいい
誰かに呼ばれたような気がして
目を覚ました 光の中

はじまりはいつもすぐ傍にある
その声を聞き逃さないように
どこまでも続く道の途中で
振り向いた私の髪を風が揺らした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アンルート 歌手:elfin'

elfin'の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-01-15
商品番号:PCCA-4872
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP