試聴する

満ちる月

この曲の表示回数 1,004
歌手:

逢川まさき


作詞:

masaru


作曲:

中村剛司


夏の日差しが冷たくて
蝉の音涙をかき消す
ひとりで歩く夕暮れに
私の影は消えていた

あなたがくれた温もりが
あなたが流した涙が
枯れた私の心根に
小さな花を咲かせた

あの日と同じ月明かり
光を紡ぐ満月よ
こんな私でいいならば
いつかこの身が果てるまで
私の明日を見守りたまえ

とにかく人から逃げたくて
それでも人恋しくて
あなたと歩く夕暮れに
私の影が揺れている

あの日と同じ月明かり
光を紡ぐ満月よ
こんな私でいいならば
いつかこの身が果てるまで
私の明日を見守りたまえ

あの人同じ月明かり
あるがままでいいならば
光を紡ぐ満月よ
たとえこの身が果てるとも
誰かの明日を見守りたまえ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:満ちる月 歌手:逢川まさき

逢川まさきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-11
商品番号:YZWG-15256
エイフォース・エンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP