試聴する

曖昧で美しい僕たちの王国

この曲の表示回数 482
歌手:

For Tracy Hyde


作詞:

管梓


作曲:

管梓


辻褄合わせでは片づかない感傷がほころび出した頃も、
君をずっと知っていた。
衣更着に挟んだ栞をさらう風。
言葉も形もない心になれたらいいのにな。

戻りたいような、忘れたいような、
遠のく日々も花の雨だ。
祈りのうちに重ねた手は、
なにかを伝えられたのかな。

白い城壁があり、汚したい欲がある。
口にさえしなければ怯えることもない。
曖昧で美しい僕たちの王国だ。
辿り着く果てのない十字路で戸惑うことがすべて。

戻れないことは、忘れないことか。
手離す愛は知らないまま。
すがれば崩れてしまうのも、
綺麗な過ちになるかな。

優しくなれないことが怖くて、
必要とされないことが怖くて、
それでも呼び続けるのは、
君の四季にいたいだけ。

戻りたいような、忘れたいような、
遠のく日々も花の雨だ。
祈りのうちに重ねた手は、
ほどかないままでいて。

戻りたい距離と、忘れたい瑕疵の、
後ろめたくも美しい国。
その声のありのままに触れて、
いつかは繋がりあえるかな。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:曖昧で美しい僕たちの王国 歌手:For Tracy Hyde

For Tracy Hydeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-04
商品番号:PCD-83017
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP