試聴する

放物線

この曲の表示回数 2,515
歌手:

For Tracy Hyde


作詞:

管梓


作曲:

管梓


流れるためだけに時間は存在するよ――
この街はいつでもそんなふうでしょう。
君が忘れてった薄荷煙草の煙が冷ややかな深夜に紛れてゆく。

見上げた空には星は映らなくて、丸すぎる月がきれいごとよりきれいで、

いつだってどこだって、死にたいくらいあたしはあたしだ。
その自覚にただ苛まされてみたって、何ひとつ、誰ひとり、
救ってはくれやしないから。
君にとってもあたしはただの通過点って、
わかってるよ。

モノローグ続きのつまんない映画のよう――語るべき中身もないくせにさ。
すり切れそうな愛をアルコールに溶かして、
わかりあえないってうそぶいてた。

落ちるところまで落ちるのはたやすくて、その浅はかさも君は
見透かしてるようで、

傷ついて傷つけて、心細さばかり競ってる――瑪瑙のような目を
ぎらぎら光らせて。
さめざめと混ぜこぜの感情があふれたって君には、
遠い国の名も知らない歌みたいに意味がないな。

どうしたって好きになれる気がしない、君が忘れてった薄荷煙草も、
だらしなく生き延びそうな明日の日も、
もういらないや。
窓を開け放して、
この手から投げ出せば、
きれいな放物線を描いてぜんぶ落ちていくのに、
どうしてあたしは踏み出せずに呼吸を繋いでいるのかな。

明けそうで明けなくて深い夜の底に沈んでるあたしを、
いまでもたしかに月は照らしてる。
いつだってどこだって、死にたいくらいあたしはあたしで、
だから結局あたしは君を愛してしまうって、

わかってるよ。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:放物線 歌手:For Tracy Hyde

For Tracy Hydeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-02
商品番号:PCD-83004
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP