試聴する

After

この曲の表示回数 3,883
歌手:

For Tracy Hyde


作詞:

管梓


作曲:

管梓


どうして雨は止んでしまうのかなって、君との雨宿りのたびに考えてた。
通り過ぎたスコール、微熱を奪うことなく――
そんな日々もいまは昔?

どうしてもかすらない視線の先で、君は違う誰かを想い描いてるの?
飲み干したスコール、べたつく甘さと温度。
わたしの白昼夢はまだ覚めちゃいないのに。

揃いのミサンガはわたしの願いを叶えずすり切れて、
空転する時間を静かに物語ってる。
いまだって手を伸ばすのに、
君が君じゃない錯覚がなに食わぬふりをさせるの。

教室に忘れた詩編にも似た手紙の、フレーズがほつれて注ぐような、
追憶のスコール、ひとりきり思い出す――
そんな君じゃないとわかってる。

はじめて交わした言葉をいつしか忘れていたように、
長くて緩やかな終わりが続いていたのかな。
感傷と上手く折り合えずにいるのはわたしのほうなのに、
すっと笑ってみせるから、
もどかしいな……。

ねえ?

許したふりがたやすいのは、
茜射す光の角度が強がりも悲哀も絵に変えてしまうから。
許せないままでいるのはさ、きっと君のことだけじゃない。
湿った歩道の風に吹かれて、想うの。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:After 歌手:For Tracy Hyde

For Tracy Hydeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-12-02
商品番号:PCD-20371
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP