男 幡随院

この曲の表示回数 14,726

江戸の喧嘩は この俺が
はばかりながら 引き受けた
義理と人情に 命をはって
野暮なご意見 まっぴらごめん
きった啖呵も しびれます
男幡随院(ばんずいいん) 仁王立ち

持って生まれた この性根
いまさらどうなる 曲がらない
燃やしつくして 世間の為に
浮かれ色香は まっぴらごめん
なまじ未練な 隅田河岸(すみだがし)
男幡随院 にが笑い

登り坂やら 下り坂
知っててまさかの 坂を行く
地獄参りは 承知のうえさ
よせヨ涙は まっぴらごめん
向けた背中の 裏で泣く
男幡随院(ばんずいいん) ひとり旅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男 幡随院 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/03/06
商品番号:CRDN-535
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP