Stranger than paradise

この曲の表示回数 12,066
歌手:

長野博(V6)


作詞:

六ツ見純代


作曲:

川上明彦


ある日 目覚めたらそこは異国だった
大地に耳をつけて 響いてくる強い鼓動が
道を行く人を誰も知らないけど
それでも心通い合える 笑顔がまぶしい
どんな現実も氷のよにとけはじめてく
止まる時間さえ今確かに動き出した

風のように鳥のように 形のない自由がいい
どんなときも自分でいられる
今日は今日の夢の中

やがて気づいたらそこは海のようで
果てない空の向こう 揺れて見えるまるで陽炎
煙る風景は あの日忘れていた
無限の懐かしさで胸をしめつけてゆく
色のない世界続いている意識の中で
赤い夕焼けが絵の具のよに染みていった

永遠より今を生きる 日付のない夜が明けた
時空越えて旅は始まる
それはとても晴れた朝

遠い彼方から不思議な程引き寄せられて
ココにいることがあたりまえに思えてくる
風のように鳥のように 形のない自由がいい
どんなときも自分でいられる
今日は今日の夢の中
永遠より今を生きる 日付のない夜が明けた
時空越えて旅は始まる
それはとても晴れた朝
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Stranger than paradise 歌手:長野博(V6)

長野博(V6)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-30
商品番号:AVCD-11670
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP