試聴する

夏の恋の終わり

この曲の表示回数 700
歌手:

山出愛子


作詞:

山出愛子


作曲:

山出愛子


夏の日差しに照らされて 二人はしゃいだあの日
サンダル持って駆け回ってた 私をみてさ
「可愛いね」って微笑んだ 君は遠くへ行った

お互い隠してた些細な気持ち重なり
胸の奥の棘が君を刺した

何も言えなかった私はプールサイドに立ち尽くした
待ってよ 離さないでよ 心の中で叫んだ
聞こえるはずもないのに
置き去りにされた タオルと私

変われずにいる私は まだあの日の住人
君はどうしているのかなんて わからないけど
君の中で私はただの脇役だろな

青い鳥が知らせてくれるの 君の毎日
君は新しい相手がいるみたいね

何もできない弱い私は部屋に一人こもりっきりで
君は強い 私は…そんなことばかり考えて
変われずにいるのに 箱の中
君はもう知らない人なの

プールサイドに置き去りにされた
タオルと私
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の恋の終わり 歌手:山出愛子

山出愛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-17
商品番号:ASCM-17
アミューズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP