試聴する

ubugoe

この曲の表示回数 1,239
歌手:

ravenknee


作詞:

joe matsumoto


作曲:

joe matsumoto


生々流転な激動の最中 華麗に踊る君を片目で追う
幾重にも輪を描いては消えてく 生まれる前から決まっていた事

物語の始まりを告げる産声にはさ 祝福の歌をあげる
足場がない程の終りの上で君は眠るだけさ

さっきまで居た ここに確かに居た
微かな髪の匂いと 空に響く白い声
泣いて居たのは確かな記憶だ きっと忘れてしまったのは僕の方

明鏡止水な静寂の彼方 綺麗に揺れる君を両手で掬う
螺旋状に弧を描いては消えてく 生まれてすぐ気付いた内緒の事

繋いだその手を離さないで 君と僕が出会い描いた夢の
続きを話そういつまでもさ 明日のためにも聞いてくれよ
幾重にも輪を描いては始まる そんな歌を唄い続けたんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ubugoe 歌手:ravenknee

ravenkneeの新着情報

  • Earth / ♪砕けた心が募り募って
  • I wanna stay / ♪I was lying on the ground
  • 青の魔法 / ♪青い部屋の窓が開いていた
  • AJISAI / ♪いつしか殺した純粋な僕を
  • Turn Around / ♪Take me there now Watch things

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-03
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP