試聴する

セプテンバー -東京 version-

この曲の表示回数 14,977

転んで 足元 つばを吐いた
古傷くすぶっては 腹を立てた

自信 疑心 欲に幸
全てグッと抱いては
曇り空の下で
湿った風仰いでた

僕たちは いつか墓となり
土に戻るだろう
何も語らずに済むならばいいだろう
それもまあいいだろう

心が貧しくなってたんだ
だからさ 道草食ってたんだ

わずかな知識でも
慰めになるから
捜し求め歩いては
また口つぐむだろう

そして汚れた世界
熱い背中にハロー
その頃の僕には
湿った風が吹いてた

僕たちは いつか花となり
土に戻るだろう
何も語らずに済むならばいいだろう
それもまあいいだろう

僕たちは いつか墓となり
土に戻るだろう
何も語らずに済むならばいいだろう
それもまあいいさ

僕たちは いつか墓に生る
苔にもなるだろう
ここで生きる意味 捜し求め歩くだろう
それもまあいいさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:セプテンバー -東京 version- 歌手:サカナクション

サカナクションの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-19
商品番号:VICL-65194
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP