試聴する

snow, forest, clock

この曲の表示回数 1,811

終わりまで日に一回君へ伝えるとして, 数万に過ぎないのが人生. だから,
何度でも君だけに言うよ. 明日になれば忘れても構わないから…失くなった
事すら気付かない様な些細な事も, 実は必ず君の中に確かに在って, また
些細なきっかけで君を温めるはずだって信じれば, 怖れずに死への階段を
日々昇っては降りるよ. 溶けて落ちてゆく雪の様に僕の日々が過ぎてゆく.
死が汝らを分つその時, いや, 一人残された時にこそ君を想おう. 世界の
誰もが君を忘れ去る日ってのはさ, 君や僕が思うよりずっと先なはずだって
信じれば, 怖れずに死への階段を日々昇っては降りるよ. 朽ちてなお茂る
森の様に君と日々が過ぎてゆくはずだって信じれば, 微笑って死への階段を
日々昇っては降りるよ. 溶けて落ちてゆく雪の様に僕の日々は過ぎてゆく.
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:snow, forest, clock 歌手:りんな

りんなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-19
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP