試聴する

月の憂い

この曲の表示回数 1,471
歌手:

中田裕二


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


月面を歩くみたいだ
君の肌の手触りと
夕陽に輝く髪

小さな石で躓く
夢見がちで歩いてる
道端の花の名前

歯が立たない 手足も出ない
勝負はついてる

どうしようもない 誰も敵わない
いくら誘惑に急かされても
君だけが世界の真ん中で

とてもだけど 僕は及ばない
君の身体に宿る宇宙の
一部にもなれない気がしているよ 今もそう

見知らぬ路地を曲がって
少し胸がざわめいて
夜がぼやけてきたら

しばらくこの心持ち
北風で目を覚まして
寂しさに肩落とした

間が持たない 落ち着きもない
やむなく白旗

いまだどうして 何も語れない
割り切れぬ言葉を積み重ね
くだらないカモフラージュしてばかり

その答えを 君に求めた
24時間内に聞かせて
さもなきゃ砂に溶けてしまいそうさ 今にも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月の憂い 歌手:中田裕二

中田裕二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-15
商品番号:TECI-1643
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP