試聴する

わらの犬

この曲の表示回数 1,960

ぼくの街では 朝になると
いやにすました海風が 路地裏を吹いて
きみはお化粧 うれしそうに
とっても綺麗だと思う
つい 目をそらします

ぼくらは わらの犬
去りゆく景色を 見とどけもせずに
ただ ただ 語り合う
たがいのしるしを 遺すように

遠くの丘では 子供たちが
覚えたばかりのくちづけ 戯れて歌うように
ぼくは だれかが 子供たちのそれを
咎めはしないかと 気が気じゃないんです

ぼくらは わらの犬
ありもせぬものを 信じぬくために
ただ ただ 生きてゆく
だれかのしるしを 辿るように

いつか そのしるしを見つけた学者が
首をかしげるだろう
まるで なんの価値もないものを
なによりも大切にした ぼくらさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わらの犬 歌手:ドレスコーズ

ドレスコーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-01
商品番号:KIZC-537
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP