夜明けのタクシー

この曲の表示回数 4,421
歌手:

森まどか


作詞:

田久保真見


作曲:

徳久広司


背中でドアを閉めれば 息をひそめた蒼い街
サヨナラは言わないわこわれそうだから
夜明けのタクシーひとり去ってゆく それが私にお似合いね
夜明けのタクシー手をあげるけど これからどこへ行けばいいの

空車の赤いランプを また一台と見送るの
追いかけて来ないことわかっているくせに
夜明けのタクシーもしも泣いたなら 愛は続いていたかしら
夜明けのタクシーねぇ遠くまで 私をはやく連れて行って

夜明けのタクシーひとり去ってゆく それが私にお似合いね
夜明けのタクシー手をあげるけど これからどこへ行けばいいの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けのタクシー 歌手:森まどか

森まどかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-24
商品番号:VPCA-82843
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP