艶歌

この曲の表示回数 19,518
歌手:

君夕子


作詞:

なかにし礼


作曲:

市川昭介


もしもお酒が なかったら
惚れてませんね あなたには
私がいなけりゃ あなたが駄目に
なると思った 艶歌だね
酔っていましたね
二人の恋が 一年もった
記念にのもうよ もう一軒

もしもお酒が なかったら
生きてませんね この世には
死んだらかもめに なれるといつも
夢に見ていた 艶歌だね
歌の文句だね
あなたを知って 泣かなくなった
生きてて良かった もう一杯

もしもお酒が なかったら
続きませんね 私たち
あなたの重荷に ならないように
ついて行きます 艶歌だね
泣かす台詞(せりふ)でしょう
不満はそっと お酒に棄てて
よろしく愛して もう一年
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:艶歌 歌手:君夕子

君夕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-11-21
商品番号:VDR-1566
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP