じんじん

この曲の表示回数 32,681
歌手:

原由子


作詞:

桑田佳祐


作曲:

桑田佳祐


雨が降っている
水着のままで凍えてる
私はひとり泣き濡れる

夜の桟橋で
来ないあなたを待っている
小船が波に揺れている

激しい愛の後で
想い出に香おる
「黄昏」という字に酔っている くるおしく

悲しい街の灯よ
夜はハードな気分で
抱かれたあの瞬間を
忘れない

恋が終わるのを
落ちる涙に知らされて
裸の夏が過ぎてゆく ノーノーボーイ

彼と逢った日が
虹の彼方へ消えてゆく
かもめが空を翔ぶように

せつない胸の中で
温もりに代わる
「さよなら」という字を描いている
それなのに……

悲しい街の灯よ
夜はハードな気分で
抱かれたあの瞬間を
忘れない

雨が降っている
港あたりに灯がともる
私はひとり泣き濡れる
今宵も霧にむせんでる
ああ私はひとり泣き濡れる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:じんじん 歌手:原由子

原由子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-02-25
商品番号:VICL-60166
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP