十六度目の夏

この曲の表示回数 9,143

長い坂道 約束の海岸
君が来るまで セリフの練習

少し遅れて ごまかす笑顔
指さす 青い海
はじまる 今年の夏

風に飛ばされた 君の浮輪追いかけた
かっこつけた僕のすがた 君にどう写るの?
二度とはおとずれぬ 十六度目の夏
波の音に隠し君を「好きだ」と言った

泳ぎ疲れて 帰りの登り道
少しはなれて セリフを探すよ

夕焼けを待ち 影法師の時
後少し 伸びれば
君と肩 並べられる

君を呼びすてに してみたいけれど
嫌われるくらいなら 今の「さん」付けでいい
二度とはおとずれぬ 十六度目の夏
君の笑顔に手を振って 急ぎ足で帰る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十六度目の夏 歌手:平川地一丁目

平川地一丁目の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-28
商品番号:DFCL-1218
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP