試聴する

夜光

この曲の表示回数 980
歌手:

KUMONOSU


作詞:

HANAE


作曲:

八王子P


あなたこそがわたしの夜だった
知らない声を覚えてた

冷たい雨が街を濡らしていた
意味が無いと泣けないね

揺らめいて 閃いて
切り裂いて 壊れる日々に
虚しさを埋めるような
借り物のキスして

身体中這い回る
痛みすら この孤独さえ
忘れてく 忘れてく 忘れてく

消えてしまうの 消えてしまうの
愛に焦がれて思い出す
いつの日もひとり

救いは無くて 赦しも無くて
だけど笑いたくて
手を伸ばす一筋の光

傷付け合って それすら飽きて
愛は遠くなって思い出す
いつの日もひとり

重なり合って 触れられなくて
それも笑い合えば
零れ出す一粒の光

あなたこそがわたしの夜だった
その声だけが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜光 歌手:KUMONOSU

KUMONOSUの新着情報

  • 共犯 / ♪生きてたって仕様がない
  • 秘密裏 / ♪嘘で濡れた白い唇を重ねて
  • 存在証明 / ♪存在証明現代病名携帯上で羅列
  • 見世物 / ♪ねえ見て見定めてもっと触れて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:TFCC-86644
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP