試聴する

とっとりのうた

この曲の表示回数 2,395
歌手:

杏沙子


作詞:

杏沙子


作曲:

杏沙子


ぬるくなった缶ジュース
口に含んで飲み干した
古くなったスーツケース
さぁもうそろそろ行かなくちゃ

夕日が溶けていく 湖山池
今日の砂時計はあと少しでもう終わる

「ここにはなにもない」
そう言って離れたくせに
またわたしここで息をしている
この場所にだけあるなにかを
たしかに吸い込んで
また歩き出す この場所から

空になった缶ジュース
掠れた声で風が歌ってる
歩いてきたこの道を
辿っていつもの出発ロビーまで

スーツケースが新しいころは
違う夕日 ここから見てた
やり残したことがまだある
今日よりもっと向こうに
風は明日へと水面を走っていく

「ここにはなにもない」
そう言って離れた先で
もしわたしどこか一部欠けても
この場所にだけあるなにかで
たしかに誰でもないわたしにもどる

「ここにはなにもない」
そう言って離れたくせに
またわたしここで息をしている
この場所にしかないなにかを
たしかに吸い込んで
また歌い出す この場所から

最終便に乗り込んで
離れていったわたしの街を
窓から見てこぼれ落ちた
言葉と声でこの歌がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:とっとりのうた 歌手:杏沙子

杏沙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:VICL-65094
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP