×

杏沙子作曲の歌詞一覧リスト  19曲中 1-19曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
19曲中 1-19曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
道(re-recording)杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子今日も歩いていく 見晴らしのいいこの道を 先の見えぬ小道 こわいから逃げてきた  人の流れに任せるのは 簡単だけど、それでいいの? 思い描く場所があるなら 今 その足で旅に出よう  きれいに生きなくていいんだよ 信じた道を進もう どんなに世界が暗くなっても 朝は来るよ  歩き始めたどこに続くかわからない道 笑顔か涙か 先ばかり見たくなって  やめたい 逃げたい 言い訳したい 終わらせたい でも 認められたい 期待に応えたい 証明したい 恥ずかしくても格好悪くてもしがみつきたい 自分の背中は自分で押せ  そのまま歩けばいいんだよ 信じた道はきっと どんなに僕を苦しめたとしても 間違ってない 僕の道だ  きれいに生きなくていいんだよ 信じた道を進もう どんなに世界が暗くなっても 朝は来るよ  いつか笑える日が来るから
好きって杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子夜桜を見に行こうと 乾いた声 あなた  夜に浮かぶ 白い桜 無力そうに見てた  きっとあなたは 知らない ひとつ扉を静かに閉めたこと  好きなのはあなたじゃないの 好きって好きって扉の向こうで 震えてるわたしを閉ざすの 好きって好きって 聞こえなくなるまで  きれいだね ぽつりと言う 乾いた声 あなた  その言葉が向かう先は 桜に見る あの子  きっとあなたは知らない 独りよがりで身勝手な愛しさ  春の夜風 この桜を ねぇ散らして この想いも この想いも  好きなのはあなたじゃないの 走って帰ってまたひとつ扉を あなたにも聞こえないように だめってだめって ほら閉じて眠ろう  好きなのはあなたじゃないの 好きって好きって扉の向こうで 震えてるわたしを閉ざすの 好きって好きって 聞こえなくなるまで
見る目ないなぁ鈴木愛理鈴木愛理杏沙子杏沙子君はやさしかった 特別やさしかった たしかにやさしかった でも一番じゃなかった  コンビニで買った お酒がまずかった 知らないお酒だった これが大人の味なのか  ねえあのときのあの言葉 本当だったのは一体どこまで? まだそんなことを考える わたしはいつまでたっても  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら自分を笑ってる でも君が好きだった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ さよなら 君と歩いたこの道にも 初めてキスした駅も  君は素敵だった 特別素敵だった みんなに素敵だった だからあの子も好きになった  ふたりで可愛がった あの猫がいなかった ひとりが寂しかった あの猫もあの子を選んだ  たくさん泣かせられたし たくさん裏切られたの さよなら さよなら たくさん好きと言ったし たくさん好きと言われた いつもの帰り道がこんなに長いとは  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら家に帰ってきた もう君はいなかった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ いまなら 君みたいな人は選ばない 君も見る目ないんだから  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら自分を笑ってる でも君が好きだった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ さよなら 君がいつもいた毎日と いつも見る目ないわたし  君を好きだったわたし
Look At Me!!杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子Look At Me!! おいしいとこだけ Look At Me!! わたしにください! Look At Me!! まばたきしてる間に食べちゃえよ Look Look At Me!!  目立ちたがり屋ですけどなんかダメですか? 胸張って欲張った者勝ちと聞きました。 譲り合いの心も大切と言いますが 時には前のめりでモノにしましょう。  人生の醍醐味 甘味 旨味 塩味 苦味 酸味を 味わいたいなら今すぐ手をあげて叫べ!  Look At Me!! おいしいとこだけ Look At Me!! わたしにください! Look At Me!! 言わなきゃわかんないよ わたしはそうハングリーハングリー!  Look At Me!! 遠慮はいらない Look At Me!! 誰にもあげない Look At Me!! まばたきしてる間に食べちゃえよ Look Look At Me!!  恥ずかしがり屋の君も本当のところは 指くわえて見てるの不本意でしょ? 譲り合った心に後悔残すなら 時には思い切ってモノにしましょう。  人生の醍醐味 甘味 旨味 塩味 苦味 酸味を 味わうためには今すぐその恥を捨てろ!  Look At Me!! おいしいとこだけ Look At Me!! わたしにください! Look At Me!! 言わなきゃわかんないよ わたしはそうハングリーハングリー!  Look At Me!! わがまま放題 Look At Me!! 言わせて頂戴 Look At Me!! まばたきする前に食べちゃえよ Look Look At Me!!  図々しく生きていけばいい 図々しく生きてなんぼでしょ 人生のフルコース どうせなら一緒に堪能しませんか?  Look At Me!! おいしくなくても Look At Me!! わたしにください! Look At Me!! いつまでも満腹になんてならない ハングリーハングリー!  Look At Me!! おいしい思いは Look At Me!! 食べなきゃできない Look At Me!! まばたきも忘れて 食べちゃえよ Look Look At Me!!  Look At Me!! おいしいとこだけ Look At Me!! わたしにください! Look At Me!! まばたきしてる間に食べちゃえよ Look Look At Me!!
変身杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子いつか買ってもらったあの光る変身ベルト いまはもうどこにあるのかわからないし いつも唱えてたあの長い変身呪文 いまはもうそんなことしたって 変われやしない  同じ電車で同じ画面を見てる 変わりゆく街に変わりたいと願う毎日  いまだって変身したい 変身したい 美少女戦士にスーパーマン 自分さえ知らないもっと誇れる自分に 変身したい 変身したい あの頃みたいにいかなくても 自分で自分を変えることがきっとできるから  いつか大好きだったあの甘いミルクココア いつの間に苦いコーヒーに変わったの? いつも聴いていたあの好きな歌の言葉が いつの間に違う意味を持って聴こえ始めた  知らないうちに知らない自分に出会う 少しずつでも変わり続けてきた毎日  いつだって変身したい変身したい 昨日の自分を超え続けて 自分しかなれないもっと誇れる自分に 変身したい 変身したい あの頃みたいにいかないけど 自分は自分しか変えることができないんだから  あの光るベルトもあの長い呪文だって いまは自分の中にある  変身したい 変身したい 美少女戦士にスーパーマン 自分さえ知らないもっと誇れる自分に 変身したい 変身したい 不安も弱さも嫌なとこも 自分で自分を変えていけばいつかきっと 前進したい 更新したい あの頃みたいにいかなくていい 自分で自分を愛することがきっとできるから 誇れる日はやってくるから
クレンジング杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子終電が2人を引き離して ワインが今になってわたしを煽って 窓にはすこし顔の赤いわたし 「君が見ていた今日のわたし」の出来は60点  いつも いつも いつも そう 余裕なフリする自分が嫌なの かわいいことが言えそうな コーラル色したリップは今夜も水の泡  クレンジングでも落としきれないや ときめきは今でもあつい 耳で目で肌で唇で 君を知りたいよ クレンジングでも落としきれないの 理想の自分だけは綺麗に落ちて また恋に落ちていく  メッセージ 君が撮ったわたしの写真 あぁ なんで もっとちゃんと笑えたらいいのに メッセージ わたしからも今日の写真 あぁ なんで もっと君のこと撮ればよかった  いつも いつも いつも そう 家を出るときは100点のわたし あざとい目配せでもできそうな ラメ入りアイシャドウも うつむいたままで水の泡  クレンジングでも落としきれないや ときめきはまだまだあつい 耳で目で肌で唇で 君を教えてよ クレンジングでも落としきれないの 本当の自分だけが鏡の前でまた恋に落ちてる  クレンジングでも落としきれないや ときめきよ かがやきになれ キラキラキラキラかがやいて 君を落としてみせたいの クレンジングでは落とせやしないの 君を想う気持ちが わたしの胸でまた強くなって 眠れぬ夜がまた通り過ぎて 余熱を抱いていま夢に落ちていく  今日もまた願いを忍ばせて 君に会うため理想のわたしで家を出る
見る目ないなぁ杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子君はやさしかった 特別やさしかった たしかにやさしかった でも一番じゃなかった  コンビニで買った お酒がまずかった 知らないお酒だった これが大人の味なのか  ねえあのときのあの言葉 本当だったのは一体どこまで? まだそんなことを考える わたしはいつまでたっても  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら自分を笑ってる でも君が好きだった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ さよなら 君と歩いたこの道にも 初めてキスした駅も  君は素敵だった 特別素敵だった みんなに素敵だった だからあの子も好きになった  ふたりで可愛がった あの猫がいなかった ひとりが寂しかった あの猫もあの子を選んだ  たくさん泣かせられたし たくさん裏切られたの さよなら さよなら たくさん好きと言ったし たくさん好きと言われた いつもの帰り道がこんなに長いとは  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら家に帰ってきた もう君はいなかった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ いまなら 君みたいな人は選ばない 君も見る目ないんだから  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 見る目ないなぁ 泣きながら自分を笑ってる でも君が好きだった  見る目ないなぁ 見る目ないなぁ さよなら 君がいつもいた毎日と いつも見る目ないわたし  君を好きだったわたし
東京一時停止ボタン杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子人ゴミ避けるゲームの街 東京渋谷 満員電車の舌打ち 土曜の深夜 いつの間にやら僕の価値 どうでもいいや  繰り返すだけの毎日 東京渋谷 口を開けば全部愚痴 土曜の深夜 なんだかんだで僕の価値 どうでもいいや  夢見たこの街は 好きだったものを見失わせる 気付けば空っぽで 東京の餌になる  苦しくったって笑ってなきゃならない 気付いちゃったって見えないふりしなきゃ 嘘の街は生きられない こんなんじゃないないないない泣いた僕の 東京一時停止ボタンはどこですか?  センター街は若い内 東京渋谷 酒に飲まれいつものオチ 土曜の深夜 結局やっぱ僕の価値 どうでもいいや  夢見たその夢は 近づくほど違う顔して 気付けば空っぽで 東京のエキストラ  叶わなくったって生きてかなきゃならない つまんなくたって自己暗示をかけて 嘘の夢を生きていく こんなんじゃないないないない泣いた僕の 東京一時停止ボタンはどこですか?  重い重い重い身に付けてるものすべて この服も この髪も 冷めきった笑顔も台詞も 人の夢食って生きる街に全部着せられた  夢がなくたって生きてちゃダメですか?  夢がなくたって東京は止まらない  苦しくったって笑ってなきゃならない 気付いちゃったって見えないふりしなきゃ 嘘の街は生きられない こんなんじゃないないないない泣いた僕の 東京一時停止ボタンはどこですか?
ジェットコースター杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子君とわたしは見えてる色が違うから そう言われたようなフラれ方だった そんなの今更わかったことじゃないでしょ きっと他の理由 もっと別の理由  ゲームセットじゃないなら ゲームオーバーじゃないなら 試合は終わらせないよ 最後にわがままを言わせて  ジェットコースターに乗りに行こうよ 360度回るやつで 気絶するほどぶっ飛んじゃって 全部なかったことにしてよ ジェットコースターに乗りに行こうよ 最後まで君と笑ってたいんだ 無駄でもいい 変でもいい 今日が終わるまではそばにいて  君とわたしは見えてる色が似てるから そう言われたような始まり方だった だけど 君とわたしが離れてくのが怖くて 見えない色でさえ綺麗だと嘘をついてた  タイムアップじゃないなら タイムオーバーじゃないなら 試合は終わらせないよ 最後に意地悪を言わせて  ジェットコースターに乗りに行こうよ 360度回るやつで 気絶するほどぶっ飛んだって 全部終わったことにしないで ジェットコースターに乗りに行こうよ 最後まで君と笑ってたいんだ 嘘ならいい 嘘でもいい 今日が終わってもそばにいて  天と地が今もしひっくり返っても 笑う門に福は来ないわ ふたりの明日も来ないみたいね  ジェットコースターに乗りに行こうよ 360度回るやつで 気絶するほどぶっ飛んじゃって 全部なかったことにしてよ ずっとこうして君の隣で 笑ってられると思っていたんだ 呆れていい 嫌っていい 今日も明日もずっとそばにいて  ジェットコースターに乗りに行こうよ 360度回るやつで 気絶するほどぶっ飛んじゃって 全部終わったことにしよう 抱きしめた温度 数え切れないキス 染み付いたにおいも生活も 消えたらいい 消えればいい 全部全部消えてしまえばいい  消えたらいい 消えればいい わたしごと
こっちがいい杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子ねえ 付き合ってしばらく経つけど あたしについてこられてる? もうねえ どこが好きなんてわかんない 好きなんだから好きでいいじゃんね  おなかがすいたから食べるし 眠たいから寝るもんじゃん 好きになったから好き うまくピースがはまるように もっと直感磨いていこうよ 2人の間に正解はあるから  こっちがいい ねえ こっちがいい 繋ぐ手はいつも左 理由なんてない こっちがいい! こっちがいい ねえ こっちがいい 眠るときは君の右 2人がずっと 2人でいられる方がいい  ねえ 付き合ってしばらく経つけど 喧嘩はもう何度もしてきたよね 譲れないところもあったっていいでしょ 君は君 わたしはわたしでいいじゃんね  会いたい人に会えばいいし 着たい服を着ればいいじゃん それが君を作ってる うまくピースがはまるように もっと 答え合わせしようよ 2人それぞれの正解もあるから  こっちがいい ねえ こっちがいい 君を好きな君がいい 2人がもっと 2人でいられる方がいい  ねえ 2人は出会うまでに たくさんの選択をしてきた ねえ 2人は自分の手で 君と わたしと 出会うことを きっと選んだんでしょ  こっちがいい ねえ こっちがいい 今日も左手を繋いで 選んでいこう 2人の未来 どっちでもいい ねえ どっちでもいい 正解じゃなくてもいい 2人ならば間違っても笑い飛ばせるでしょう 出会えたこと それがもう大正解だから
ケチャップチャップ杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子気をつけて帰ってきてね 今日のディナーはあなたのリクエスト もちろんおなかは空かせて 決して料理がうまいわけではないけれど 空腹はとっておきの隠し味になるから  冷蔵庫を開けて事件が発生! 大事な脇役忘れてた 足りないのは ケチャップチャップチャップチャップ これがなければ今日のディナーは完成しません! ケチャップチャップチャップチャップ 急いであなたにおつかいのメール  にんじんたまねぎとりにく 残ってたわ ピーマン マッシュルーム きのこも発掘しました おなかはぺっこぺこ  「おいおい! ぼくはここにいるぞー!! この前特売で買ってくれたじゃないか! 使われる日をずっと待ってたのにーーー!」  たまたま戸棚開けて事件が発生! 大事な脇役隠れてた 絶対絶対絶対!! 言えないわ  ケチャップチャップチャップチャップ 息を切らしたあなたと脇役がただいま ケチャップチャップチャップチャップ 戸棚の奥に脇役Bをそっと押し込んで  ケチャップチャップチャップチャップ あなたの買ったケチャップたっぷりかけて ケチャップチャップチャップチャップ いただきますをせーので言ったら召し上がれ  これはわたしとケチャップの秘密のおはなし
ダンスダンスダンス杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子はぁ どうしてどうして わかんないのさ わかんないのさ  かまってほしいときだって かまってほしいなんて言えないさ 無意味な連絡 無意味な電話だって ちゃんと意味があるのです!  逆に言えばそういう君が かまってほしいときってないの? あるでしょ?あるでしょ??ないの?! もうやだー。  どうしてどうして わかんないのさ わかんないのさ  会いたい!ってときだって 会いたい!って言うのはわたしで なぜか負けた気がするから 会いたい!のワンマンチキンレース  あーあ あーあ 結局耐えられなくって 未読スルー 既読する? まめに見る 送信する  どうしてどうして わたしばっか わたしばっか  んー君はいっつもわたしのことを ちゃんと見てくれてないから not at all たまに目が合うときは カメラのシャッター切られるみたいな瞬間でちょっとドキッとする もっと撮っていいんだよ。 カシャッ カシャッ  どうしてどうして わかんないのさ わかんないのさ  そーやってまた またそーやってまた そーやってまた またそーやってまた笑ってないで そーいうとこ まじそーいうとこ そーいうとこ まじそーいうとこ!  大して考えてもない言葉を真に受けたり キスひとつで許しちゃったり。 当初の予定は君を手のひらで踊らせてたはずなのに 今日も1人でダンスダンスダンス  どうしてどうして わかんないのさわかんないのさわかんないのさわかってほしいの
おやすみ杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子「もしもし」の後に名前を 呼んでほしくて黙ってた 声だけで繋がる夜は わたしを強がりにする  さみしい なんて言ってあげない わたしばっかりで悔しいから 好きだよ は会えたときだけに 大事にとっておくのよ  三日月の夜が あなたの声で満たされていく でもほんとは どうしようもないくらい あなたに会いたい  1人で観る映画も 久しぶりの休みも 少し豪華な夜ごはんも おろしたてのあの服も 新しく見つけたお店だって ただの1日 “あなた”という魔法がなければ どうかこの夜に魔法をかけて  となりにいるだけ それで世界は変わるの さみしい 好きだよ 会いにきて  昨日見た夢の話も 初めて飲んだお酒も おととい染めた髪の色も 思いつきのあの歌も 今日の朝見つけた景色だって 色付くのよ “あなた”という魔法があれば どうかこの夜に魔法をかけて  「おやすみ」の前に名前を 呼んでほしくて黙ってた 声だけで繋がる夜は わたしを強がりにする
とっとりのうた杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子ぬるくなった缶ジュース 口に含んで飲み干した 古くなったスーツケース さぁもうそろそろ行かなくちゃ  夕日が溶けていく 湖山池 今日の砂時計はあと少しでもう終わる  「ここにはなにもない」 そう言って離れたくせに またわたしここで息をしている この場所にだけあるなにかを たしかに吸い込んで また歩き出す この場所から  空になった缶ジュース 掠れた声で風が歌ってる 歩いてきたこの道を 辿っていつもの出発ロビーまで  スーツケースが新しいころは 違う夕日 ここから見てた やり残したことがまだある 今日よりもっと向こうに 風は明日へと水面を走っていく  「ここにはなにもない」 そう言って離れた先で もしわたしどこか一部欠けても この場所にだけあるなにかで たしかに誰でもないわたしにもどる  「ここにはなにもない」 そう言って離れたくせに またわたしここで息をしている この場所にしかないなにかを たしかに吸い込んで また歌い出す この場所から  最終便に乗り込んで 離れていったわたしの街を 窓から見てこぼれ落ちた 言葉と声でこの歌がある
恋の予防接種杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子なんとなく恋をしてきた 何度も痛い目にあった お陰様で免疫はあったはず  「一目惚れ」なんてギャンブル 「運命」なんか幻 恋は頭でしなきゃこじらせるとわかってたよ Ah この胸が一番知ってるわ 油断してた 手洗いうがいは意味ないみたい  予防接種が効かない 予防接種が効かない恋 予防接種じゃ勝てない 君のウイルスにはもう  どんなに止められても 感染したから仕方ない どんなに振り回されてもいい 今はうなされてたい  なんとなく予感はしていた 初めて出会ったあのとき お陰様で絶賛発熱中  傷ついたっていいから 君に愛されてみたいの 苦しくって楽しい熱に操られてしまってるよ Ah 現代医学もお手上げだわ 流行ってしまう前に 新型 君型 いま攻略  予防接種が効かない 予防接種が効かない恋 予防接種じゃ勝てない 君のウイルスにはもう  どんなにらしくなくても 熱の上昇には敵わない どんなに振り回されてもいい 今日もうなされてたい  あの最初痛かった恋や あとで腫れた恋の免疫でも 治せない 治せない 治せない 治したくない 治さないで  予防接種が効かない 予防接種が効かない恋 予防接種じゃ勝てない 君のウイルスにはもう  どんなに止められても 感染したから仕方ない どんなに振り回されてもいい 君にうなされてたい ずっとうなされてたい
アップルティー杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子きんこんかんこん いつもより明るい鐘 ほらね たぶん スカートもちょっと短い  窓から思い切り体伸ばし ほらね 見えた あなたは隣のクラス  誰も知らない寡黙なあなた アップルティーが好きなこと 今日もノート閉じて夢見てる あなたのことを  きっとあなたに抱きしめられたら 溶けてゆくの 角砂糖みたいに あまいあまいあまいアップルティーの中  あなたがもしキスをしたら… 考えるだけで壊れそう! あなたのせいで今までで1番暑い夏  きんこんかんこん あたしの背中押す鐘 ほらね ぎゅっと ポニーテール結んで  みんなのひやかしをくぐり抜けて ほらね 今日は ふたりきりの帰り道  誰も知らない照れてるあなた ふたり乗りの下り坂 広い背中 ずっと夢見てた あなたが好きよ  きっとあなたを抱きしめられたら 溶けてゆくの 角砂糖みたいに あまいあまいあまいアップルティーの中  あなたにもしキスをしたら… 考えるだけで壊れそう! あなたのせいで今までで1番甘い夏  きっとあなたに抱きしめられたら 溶けてゆくの 角砂糖みたいに ほんの少し あと少し 近づきたくて  回した手をぎゅっとしたとき 背中越しでも聞こえたよ 「好きだよ」とあなたの声が  りんご色に染まるふたり 溶けてゆくの 真夏の空に  あなたのせいで今までで1番甘い夏 あなたのせいで今までで1番暑い夏
マイダーリン杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子まぶたの奥の国の王子様 ひつじをずっと数えてたら 現れた パジャマのあたしを見て はにかんだ 「ぼくはきみを迎えに行く ガラスの靴を持って」  王子は踊り あたしは歌う メリーゴーランド 雲の上 2人は恋に落ちたの  My darling まいまいまいまい 毎晩 恋して さみしい夜も こいしい夜も ドキドキさせて! My darling まいまいまいまい 毎晩 願ってる 明日あなたにまた会えるように  チクタク針は進み 響くベル あとちょっとだけ あとちょっとだけ 今日も寝坊の予感  My darling まいまいまいまい 毎秒 恋して ねむたい朝も にげたい朝も ドキドキさせて! My darling まいまいまいまい 毎秒 数えてる 明日あなたを忘れないように  星たち降る夜に願いを 3回唱えてみたけど いつなの?どこなの?早く迎えに来て! あぁ 今日もベルが告げる あなたのそばにいたいのに  My darling まいまいまいまい 毎晩 恋して さみしい夜も こいしい夜も ドキドキさせて! My darling まいまいまいまい 毎晩 願ってる 明日あなたと目が覚めるように
流れ星杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子「会いたくなったの」 ただそれだけでいい 夜の真ん中に部屋を飛び出した 電話越しの声 それじゃ足りないの 夏を吸い込んで 今会いに行くよ  夜空 白いスニーカー 星座を飛び越えて  あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ いつからだったかな わたし恋をしてる  「アイス買ったから」 もうそれでもいい 僕ときみの分 ちゃんと買ったから 会話の記憶は 巻き戻し聞いた 擦り切れる前に 今会いに行くよ  夜空 スウェットのまま 気持ち溶ける前に  あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ いつからだっただろう 僕は恋をしてる  あぁ このままきみの街へ 走っていこう 夏が終わる前に あぁ きみは気付いてるの? 目が合えば 弾けそうだよ  あぁこのままきみのもとへ 今すぐ行こう 夏が終わる前に あぁ いつからだったかな きみに恋をしてる
花火の魔法杏沙子杏沙子杏沙子杏沙子花火の魔法にかかってしまえ あなたの心を燃やしてしまえ あぁ 花火消える前に  夏休みの最後の日に来た電話 「みんなで花火しようぜ」あなたの声 友達のひとりだと思われてても ふたりきりの会話がうれしかった  橋の下で カラフルな火花が咲く あなたも 赤 青 ピンク わたしの火を あなたにあげたときに 本気で願ったの  花火の魔法にかかってしまえ わたしの病を患ってしまえ 夏の暑さがわたしを狂暴にする 花火の魔法にかかってしまえ あなたの心を燃やしてしまえ あぁ 花火消える前に  あなたのこと火傷させたいです。  白く煙った橋の下 あなたの手を引き 抜け駆けしたいなんて思ってても どんな顔でなんて言えばいいかわからないまま 花火も夏も終わりに近づいていく  はっきりしてるはずの気持ちも あなたの前では オレンジ みどり あたしの火は あなたにあげるときに 少し弱くなる  花火の魔法にかかってしまえ わたしの病を患ってしまえ 夏の暑さがわたしを臆病にする 花火の魔法にかかってしまえ あなたの心を燃やしてしまえ あぁ 花火消える前に  もう 夏が終わる まだ 終われないよ さあ いま 火を付けて あなたの心目指して 夢中で走り出したの  花火の魔法にかかってしまえ わたしの病を患ってしまえ 最後の花火 その先にあなたが見える  花火の魔法にかかってしまえ わたしの病を患ってしまえ 夏の暑さがわたしを狂暴にする 花火の魔法にかかってしまえ あなたの心を燃やしてしまえ あぁ 花火消える前に  あなたのこと火傷させたいです。  あなたのことがずっと好きでした。
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 燦燦
  2. Tot Musica
  3. 新時代
  4. Wake Me Up
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. TOKYOレジスタンス
  4. さいだー
  5. ELEVEN -Japanese ver.-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照