試聴する

幻聴と幻想の現象 (Thanksgiving Live 2017)

この曲の表示回数 72
歌手:

ピロカルピン


作詞:

松木智恵子


作曲:

松木智恵子


草笛がなってる間
まだ慣れない呼吸で
一粒の冷えた鼓動
ただ空しく響き渡って

笑ってる 時が泣いてる
僕の日々は 空っぽの時計だ

日々の糧あえてぶつけるように
とめどなく溢れ出す 気持ちは宇宙に舞って
巡りゆく風が導く真実
想像を塗り替える 未来の窓が開いた

まやかしの楽しい夢
夜の闇がかき消し
見上げれば降り注ぐ
本で見た光のコロナ

つねったら 痛くて笑う
現実なら 耳をよく澄ませて

日々の音すべて恵みある宇宙
ちっぽけな欲望と エゴは塵となって
巡りゆく風が導く現実
幻聴と幻想の 未来の君は笑うか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幻聴と幻想の現象 (Thanksgiving Live 2017) 歌手:ピロカルピン

ピロカルピンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-07
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP