虹の彼方 (Thanksgiving Live 2017)

この曲の表示回数 48
歌手:

ピロカルピン


作詞:

松木智恵子


作曲:

松木智恵子


通り雨はしのいだが
またはずれくじだった
近づいて 遠くなってゆく花
笑顔のゆくえを見たら
はかなさは消え去った
生きている それだけでもういいのさ

悲しみの奥の奥で 戦いはじめてる ハーモーニー
塞がれた出口ならば こじあけ
穴をあけてみたい

潜在能力越える 星に 時に逆らえよ
パワー放て 竜巻に雨が降る
全然びくともしない
強く 清い その声があれば
いつも 負けるはずないのだから だから

あなたはまだ気づかない
チカラは眠ってんだ
気がついて 動き出す夏の歌
毎日は続いている
答えは二つあった
生きて行く それだけでもいいのさ

坂道の上の方で 疲れて
進めない ときも
忘却の彼方にある記憶が
足を止めやしない

天然の光浴びて強く長く伸びゆく虹には
いつも涙の跡が見えた

当然何度でもある暗く寒い負けそうな夜も生きて
虹の彼方へと行け
ラララ
潜在能力越える
星に 時に逆らえよ
パワー放て 負けるはずないのだから
全然びくともしない
強く 清い その声があれば
いつも 負けるはずないのだから

さんさんと降り注ぐ陽
ひとり ひとつ 喜びのパワー放て
生まれてきたのだから だから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:虹の彼方 (Thanksgiving Live 2017) 歌手:ピロカルピン

ピロカルピンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-07

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP