試聴する

夢見心地で

この曲の表示回数 6,105
歌手:

teto


作詞:

小池貞利


作曲:

小池貞利


街中のライトが消え始め、誰もが寝静まりゆく頃
哀愁を帯びたあの星は誰に見られずとも光っている

日が暮れたら間に合わなくなる、そう思っていた時もあった
それでも日が沈んでいくから出逢えたこともあった

夢見る時代ならもう過ぎた
それでももう一度見た夢が心地良くて
裸のままあなたにただただ逢いたくて
きっともう一度だけ僕等も新しい時間があるのさ

「あなたがまだあなたでいるから、わたしもわたしでいられる」
それならわたしも、もっとわたしで居ていたいと思えた

憂いや悩みを抱え込んでそれでも恋人たちは今日も歩いていく
水飛沫を上げ、また誰にも届かずとも歌を歌う鯨と
同じく新しい朝へと向かっている

夢見る時代ならもう過ぎた
それでももう一度見た夢が心地良くて
裸のままあなたにただただ逢いたくて
きっともう一度だけ僕等も輝かしい時間があるのさ

眩しい朝焼け あなたと見たいだけ
知らない街まで何も持たずに行きたいだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢見心地で 歌手:teto

tetoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/09/26
商品番号:UKCD-1173
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP