リラが散っても

この曲の表示回数 11,328
歌手:

RURUTIA


作詞:

ルルティア


作曲:

ルルティア


なだらかな坂道 青い空へ伸びて
リラの花 揺らして風が過ぎてく

静かに甦る 懐かしさに胸が鳴った

最後に君に手を振ったこの場所
あの時 僕は振り向く事が出来なくて

隠していた扉を君が開いてくれた
春色に輝く光が見えた

少しずつ消えていった君の声が
耳に残る

最後に君に手を振ったこの場所
あれから 僕は少し大人になったよ

幼いきらめきが今も
僕を支えてくれるよ

忘れない 苦くて愛しいあの頃
ここから僕は歩き始めた

最後に君に手を振ったこの場所
あれから 僕は少し大人になったよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:リラが散っても 歌手:RURUTIA

RURUTIAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-02
商品番号:TOCT-4846
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP