HEAVEN'S DOOR

この曲の表示回数 4,630
歌手:

奥井雅美


作詞:

奥井雅美


作曲:

奥井雅美


雪どけの雫が空からこぼれ落ちて
道路の片隅に生まれた命 潤す

私だけ取り残したままで 春風は扉をそっと開け放った

去年なくした恋 氷の中閉じ込めて
壊れないで欲しいと抱きしめて眠る
心は寒いままで それでいいと望んでも
とめられない時間は明日をつれて来る

走りだす子供や空を翔る鳥達
まだ少し灰色-gray-な青空とひとつになる

この世界想いが創るなら 私にもきっと扉は見えるだろう

あの日なくした夢 手のひらに芽生えた瞬間-toki-
涙、痛みすべてを花に変えていく
心を暖めてと 本当は望んでる
誰にだって時間は明日をつれて来る

白い天使達が 創った虹色の道
春風に背を押され歩きだしてみる
いつの日か誰かが傷負って泣いていたなら
顔をあげて 空に浮かぶ扉を教えてあげよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:HEAVEN'S DOOR 歌手:奥井雅美

奥井雅美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-02
商品番号:EVCA-0001
evolution

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP