試聴する

Jokebox

この曲の表示回数 733
歌手:

Helsinki Lambda Club


作詞:

橋本薫


作曲:

橋本薫


ああいつか薄紅の頬が
手を振った街の灯りに揺れた
二人は始まらない
ラストシーンは特にない

空になったグラス越しの嘘は
サーカスのカーテンコールのようで
この夜は掴めない
明日へと繋がらない

馬鹿にして口づけて
だってこんなのただのジョーク
本気にしないで笑ってよ
だってそんなのただのジョーク
こんな風に出会わせて
きっと神様は意外とシュール
握った手以外忘れて
戻れなくなるから

期待なら全部捨てて
だってこんなのただのジョーク
痛みなら覚えておいて
次回作は深さで勝負

馬鹿にして口づけて
だってこんなのただのジョーク
本気にしないで笑ってよ
だってそんなのただのジョーク
こんな風に出会わせて
きっと神様は意外とシュール
握った手以外忘れて
戻れなくなるから

ああいつか薄紅の頬が
手を振った街の灯りに揺れた
二人は始まらない
ラストシーンは特にない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Jokebox 歌手:Helsinki Lambda Club

Helsinki Lambda Clubの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP