試聴する

引っ越し

この曲の表示回数 217
歌手:

Helsinki Lambda Club


作詞:

橋本薫


作曲:

橋本薫


ちょっとくらいの雨なら 俺は傘なんて差さないし
白い目で見られるのは 別に何も構わないし

うぬぼれていた朝でも 夜が蝕んで なんだかな
大事な気がして持ってた それは捨てようか 重いから

ハンカチを持たないなら 流した涙はそのままで
ここで息ができないなら 海の底へ引っ越そうか

そんなに先を急ぐなら どうぞお先に乗り込んで
転んだのが君でも 怒られるのは俺だとさ

鏡が全部割れたなら 作り笑いはできないし
ここで息ができないなら 火星にでも引っ越そうか

ハンカチを持たないなら 流した涙はそのままで
ここで息ができないなら 海の底へ引っ越そうか

鏡が全部割れたなら 作り笑いはできないし
ここで息ができないなら 火星にでも引っ越そうか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:引っ越し 歌手:Helsinki Lambda Club

Helsinki Lambda Clubの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:HAMZ-5
Hamsterdam Records/UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP