試聴する

グラデーション

この曲の表示回数 1,895
歌手:

Polaris


作詞:

Yusuke Oya


作曲:

Yusuke Oya


どれほど 何かを見つめてたんだろう
さあ出ようと飛び出してきたんだろう
ドアの重さと鳥のさえずりを聴いて
かかとを嗚らして手を握り

君を連れて 歩いてた
朝もやは つめたくて
花は咲き はしゃぐ声
交差点 輝いてた

行き交う車 カフェで働く人
酒屋の猫が見つめる青い空
みんな それぞれに大切な人と
それぞれの時の中を生きている

右を見て 左見て
気をつけて 渡る歩道
ドアベルを 唱らす音
自転車に 鍵かけて

見つめて 階段
足音 響いて

君を連れて 歩いてた
ときはもう戻らない
朝もやは つめたくて
花は咲き はしゃぐ声

君を連れて 歩いてた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:グラデーション 歌手:Polaris

Polarisの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-20
商品番号:DDCB-12357
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP