試聴する

灯がともる頃には

この曲の表示回数 91
歌手:

阿佐ヶ谷ロマンティクス


作詞:

貴志朋矢


作曲:

貴志朋矢


灯がともる頃には 息が白く濁って
なんだか僕の前に 佇んでいるみたい

ありふれた日々 特に変わりもない
流れてくる音に 過去の想い薄められて

見渡す限り 君の記憶にない
道が交錯してるわ

灯がともる頃には 息が白く濁って
なんだか僕の前に 佇んでいるみたい
そっと耳を澄まして

どっちつかずで 当たり障りもない
音が木霊してるわ

灯がともる頃には 息が白く濁って
なんだか僕の前に 佇んでいるみたい

灯がともる頃までには 息は白く濁って
なんだか僕の前に 佇んでいるみたい
そっと耳を澄まして
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:灯がともる頃には 歌手:阿佐ヶ谷ロマンティクス

阿佐ヶ谷ロマンティクスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:PCD-24728
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP