とある午後の僕物語

この曲の表示回数 2,218
歌手:

豊永利行


作詞:

Junxix.


作曲:

Junxix.


飛び出したあの街に置いてきたあの恋は
なんとなく選んだこの服みたいだった

そういつもどこか淋し気だった君がくれた微笑みは
綻びを知らないままそっと閉まったまま

もう二度と訪れないあの日々と
同じように今だって繰り返されない
振り返ってつまずいて進む未来
顔上げて空仰いで僕らしく生こう

夕暮れの匂いと誰もいないベンチ
季節が変わる様にゆっくりと色づく

嗚呼、「今もどこかで笑っていて」
そっと口ずさむメロディー
曖昧にくすぶっていた
想いが溢れてくる

もう二度と逢えなくなってしまっても
同じように君もきっと想ってくれてる
理不尽と誠実が混ざり合った
感情はこの先も二人を繋いでく

遥か遠くで 光る星に 今宵もどこかで 祈る人々
あったかい風が喜びを運んでくる とある午後の僕物語

もう二度と訪れないあの日々と
同じように今だって繰り返されない
振り返ってつまずいて進む未来
顔上げて空仰いで僕らしく生こう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:とある午後の僕物語 歌手:豊永利行

豊永利行の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-03-07
商品番号:TSM-1001
T's MUSIC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP