下北漁港

この曲の表示回数 56,781
歌手:

鳥羽一郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


生まれたときから 吹いていた
山背(やませ)の風だ 荒くれだ
ここは下北(しもきた) イカ釣り舟に
命あずけた 若者が
親のこころを 継ぐ港

波止場の近くの 呑み屋では
お立ちの酒が 売り切れだ
横に倒した 五合徳利(ごんごうどくり)
マイク代りに だきしめて
別れ歌など 聞かす奴

嵐が齧(かじ)った 傷跡を
ペンキで癒(い)やす 暇もない
海の機嫌が 変わらぬうちに
行こか尻屋(しりや)の 沖あたり
霧もほどけて イカ日和(びより)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:下北漁港 歌手:鳥羽一郎

鳥羽一郎の新着情報

  • 花板の道 / ♪からだひとつで故郷捨てて
  • 盆の酒 / ♪初めて迎える親父の盆は
  • 男の庵 / ♪春まだ遠い如月は北風襟立て
  • 港こぼれ花 / ♪港海鳴り北の果て軋む戸口の
  • 十国峠 / ♪霧の晴れ間の箱根路を

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/10/08
商品番号:CRCN-41039
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP