試聴する

アロー

この曲の表示回数 988
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


神社の境内 通り抜けたら、駅まで続くあの坂道。
遠くで聞こえた君の声は、踏切待ちで掻き消された。

電車が通り過ぎてく音に耳を塞いでいた。

ひとりだけマスクをして写した記念写真も。
授業中、君がそっとくれたのど飴の切ない味も。

“さよなら”思い出だけが僕らを置き去りにして、
ただ過ぎてゆく時間の中で立ち尽くしていた。

いま目に映った景色すべてが、スローモーションになってゆく。
足りない何かを見つけられたら、大人になってゆけるのかな?

電車が通り過ぎてく音が胸に響いていた。

この遮断機が上がると僕らはまた進まなきゃ。
果てしなく続く坂道を足早に駆け上がってゆく。

“さよなら”巻き戻せない時間があるってことは、
そんなことはね、分かっている。分かっているから。

近くにあることさえも気付かず見過ごしたもの。
遠くにあると思い込んでいつしか失くしていたもの。

“さよなら”思い出だけが僕らを置き去りにして、
ただ過ぎてゆく時間の中で立ち尽くしていた。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アロー 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74628
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP