試聴する

暗夜の心中立て

この曲の表示回数 2,116
歌手:


作詞:

椎名林檎


作曲:

椎名林檎


好きと云はれりや誰にでも
からだをひらくをんなだと
世間(ひと)がわちきを嘲笑(わら)ふのを
知らぬわけではありんせん
だけどこの命
一思ひに投げ出した相手は唯(たった)一人だけ
噫こんな奥底を突き止めて置きながら
知らぬ存ぜぬぢや余り然(そ)で無いわいな
月に叢雲(むらくも)花に風酔わせておくんなんし
惚れて候

好いたお人にや何処までも
莫迦(ばか)になる様なをんなだと
世間がわちきを嘲笑へども
自棄(やけ)や勢(はず)みぢやありんせん
だからこの心
破いて千切れる迄(まで)抱いてよ唯(たった)一度だけ
噫こんな痛みなんぞ明日の望みなんぞ
見えぬ聞こえぬ本当も嘘も無いわいな
指切拳万針千本呑ませておくんなんし
暗(く)れて候

無無(なけな)しの命の証を点(とぼ)しておくんなんし
判るざんせう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:暗夜の心中立て 歌手:椎名林檎

椎名林檎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:UPCH-20468
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP