この曲の表示回数 3,399
歌手:

中孝介


作詞:

山本加津彦


作曲:

山本加津彦


過ぎて行く季節の
早さに流されて
見過ごした思いが
どれだけあるだろう

それでもここには
確かな温もりと
拙い手の中に
一つの思いがある

ずっと 一人で生きていたなら
気づけないことばかりで
今 大切な あなただけ
笑顔でいてほしい

たった一つ たった一つ
守りたいものがあるから
ただそれを 最期まで
愛し続けるためだけに
生きよう

あの日も 今日みたいに
春の風が吹いて
少し寒い道に
光が差し込んだ

運命は 他にも
あったかもしれない でも
自分じゃなかっただろう
あなたに出会わなければ

いつも同じ景色だった朝が
特別な色に染まる
人を愛する この心が
生きる意味をくれた

たった一つ たった一つ
守るべきものがあるから
先がまだ 見えなくても
信じ続けていればいい 歩こう

もしもこの世界の すべてが消えてしまっても
この一つだけなら ただあなただけなら
ずっと 掴んでいられる

たった一つ たった一つ
他にはもう 何もいらない
幸せが ここにある
あなたがそばにいるだけで
たった一つ たった一つ
守りたいものがあるから
ただそれを 最期まで
愛し続けるためだけに

生きよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:One 歌手:中孝介

中孝介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-29
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP