それぞれの場所

この曲の表示回数 425
歌手:

ReVision of Sence


作詞:

河合教馬


作曲:

河合教馬


君がどれだけ嫌われても
親ともうまくいってなかったとしても
ライブハウスは関係ない
名前、性別、地位名誉もいらないさ

どれだけ どれだけ 毎日ひどくても

くだらないことを大声で叫び続け
汗だくで踊っていけばいいさ
息ができないほどの悔しさも少しは軽く
なってくれればいい

死ぬことを頭かすめた日は
逃げ込めばいい
ここじゃ誰もが悩める人
生きるの下手な仲間がたくさんいる

それでも それでも 忘れちゃいけない

吐き気がするほど苦しい夜があっても
ここで全てを吐き出せばいいさ
次は目をそらし続けた現実を生き延びるんだ
その為の今がある

楽しいだけじゃメシ食えないし
嬉しいだけじゃ寂しい
傷の舐め合いをしたいわけじゃない

友達がいなくても親に嫌われても
君は君のままでいればいいよ
誰にも言えなかった悲しみの涙を超えて
さあいこう

この愛しい時間が終わりを迎えたら
記憶に残しそれぞれの場所へ
どれだけ居心地が良くてもここに居ちゃダメだ
いつの日かまた会おう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それぞれの場所 歌手:ReVision of Sence

ReVision of Senceの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:DEBU-11
BUSU RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP