試聴する

草原

この曲の表示回数 1,007

草原を駆けてく 風を追いかけて
そこから飛び去った 夢だけ求めたまま
無くしたものは 置き去りにするの
いつか春になったら 何処かへ飛び立つのでしょう

雪解け間近の 春の匂いに誘われ
雪男たちは
狩人に撃たれて 赤い血をそこに宿す
その毛皮を残し

明日になったら 雪も溶けるだろう
草が覆うときまでは このまま埋もれておくの

やがて土の中で 生まれたものは
毛皮も蘇るの
狩人たちにやられても

草原を駆けてく 風を追いかけて
そこから飛び去った 夢だけ求めたまま
無くした僕の 白い手袋は
いつか春になったら 何処かへ飛び立つのでしょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:草原 歌手:おいしいはなし

おいしいはなしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-12-04
商品番号:PCD-93772
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP