例えばヒロ、お前がそうだったように

竹原ピストル

例えばヒロ、お前がそうだったように

作詞:竹原ピストル
作曲:竹原ピストル
発売日:2017/04/05
この曲の表示回数:46,280回

例えばヒロ、お前がそうだったように
ほうっておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない。
ほうっておいたらかなしいぐらいかなしいことがない。
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現われて、
諸々の影を線にして、点にして、
また線にして、また星の裏っかわにぬるっと消えていく。
これは日々なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

消し忘れたタバコの煙のようなゆらついた眼差しの青年が、
俺の視界をゆらゆらと横切って行く。
睡眠薬たらふく食らって勝手にくたばりやがったヒロ、お前にそっくりで、
あぶねーあぶねー、反射的に殴りそうになったよ。

そーいやこないだ、お前の父親から電話があったよ。出なかったけどな。
めんどくせーよ、ばかやろ。

街は眠らない。だからこっちが目を閉じるしかないんだ。街に静寂はない。
だからこっちが耳を塞ぐしかないんだ。
新しいものが生み出され、新しかったものが古くなり、
古かったものが忘れ去られ、た、
と思ったらくるんとバック転して、
古かったものが今一度新しいとされたりして、
挙げ句の果てには古かったものを
わざわざ新しく生み出し始めたりなんかして。。。
これは時代なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

背筋と根性を直角にひん曲げてパソコンの画面を覗き込む。
人の悪口を言って楽しんだり、
人の悪口を言っている人の悪口を言って楽しんだり。
表面温度0℃、湿度0%、
ただひたすらにひたすらな記号の連続、応酬、雨あられ。
世界のどこの誰とでも繋がっているようでいて、
世界のどこの誰とも繋がっていない。
収縮するも無限、膨張するも無限、
輪郭が欠落した空間。良し悪しではないけれど、
そこへいくとヒロ、お前は拒食過食でときには極端に縮んだり、
ときには極端に膨らんだりしながらも、
“ここしか居場所がないんです。
“なんてクソみたいなセリフを真顔で垂れ流しながらも、
“ライブハウス”というこの世で最も窮屈な空間の中で、
ありとあらゆる輪郭にがんじがらめにされながらも、
しかし、正真正銘の意味合いにおいて、
世界のどこの誰とでも繋がっていこうとしていたのかもしれねーよな。

さておき、お前、この世で最も金髪が似合わなかったよな。

綴りようのない切実を切実という。綴れる程度の切実は切実とはいわない。
全ては、“切実”でしか変えることができない。
だから例えば、歌で世界を変えることはできない。
歌で人を変えることはできない。世界を変えることができるのは、
世界が抱く綴りようのない切実だけ。
人を変えることができるのは、人が抱く綴りようのない切実だけ。
マスクをつけよう。風邪の予防の為に。喉の保湿の為に。
何より、自分が吐き出す言葉の胡散臭さを噛み締める為に。
あー、臭えったらありゃしねぇ。
これは歌なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

俺もやってみたいんですけど、
余ってるギターありますか?って言ってきたお前と、
やってみろよって、余ってたギターをあげた俺。
あの時の俺とお前以上に暇で愚かな人間っつったら、
軽々しいことこの上なく、サークルのりでお祭り騒ぎ、
例えば原発賛成反対云々かんぬんケンケンガクガクーわーわーきゃーきゃー
やってるやつらぐらいのもんだろうな。
哀しいかな、消えてなくなって欲しいやつっているな。
俺も誰かにそう思われていることだろう。
そこへいくとヒロ、お前はあくまで俺的には、
ギリギリ、あくまでほんとにギリッギリ、
消えてなくなって欲しくない、まあ、そーだな。。友達だったぜー。

お前のライブ、見てみたかったなぁ。最前列でヤジってやったのになぁ。
お前のライブ、見てみたかったなぁ。
お前も歌うたいになればよかったのになぁ。
持ち時間30分なら30分。1時間なら1時間。3時間なら3時間。
それが歌うたいの寿命なんだ。
わざわざ自ら、わざわざ永遠にくたばるまでもなく、
毎日、毎回くたばることができて、そして何より、
毎日、毎回生まれ変わることができる、
なんとも自分勝手で都合のいい存在なんだ。

そーいや、お前にあげたギターをサトシってやつが持ってったぞ。
お前のツレだって言っていたけど本当か?
嘘なら呪い殺せ。

ほっておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない。
ほうっておいたらかなしいぐらいかなしいことがない。
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現われて、
諸々の影を線にして、点にして、
また線にして、また星の裏っかわにぬるっと消えていく。
これは日々なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

生きたいとか、死にたいとか。そんなことはときに、あくまでときに、
どっちでもいいような気がするんだ。
そんなことより、生きたいなら生きたいなりに、
死にたいなら死にたいなりに、ちゃんと人間か?
目が眩むほど、真っ赤に真っ赤に、ちゃんと人間か?

例えばヒロ、お前がそうだったように

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:18:00

  1. 大正浪漫
  2. Cry Baby
  3. 夜に駆ける
  4. ドライフラワー
  5. シル・ヴ・プレジデント

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照