告白

この曲の表示回数 10,461

小さな頃の
君が笑っている写真をいつか見せてくれた時
君が大切にしてきた
思い出ごと抱きしめようと思った

やりきれない思い
胸に閉じたまま生きていたよ
君の代わりを探しても
余計に恋しくなるだけ

君からの電話を待って
眠れない夜に
離れて暮らす意味を朝まで思った
もう待つのはやめよう Oh

今 僕は腕に花束を抱えて
君を迎えに行く
二人で暮らさないか
君を連れていきたい

僕を見ていて欲しい
最期は君だけがそばにいて欲しい
あなたといる時の自分が
とても好きだといってくれた
君がそばに Oh…

ただ抱き上げて欲しいとせがんで
ただそれだけで泣く子供のように
君といられたらと Oh

“好きだ”と何度でも言えた頃のように
別れのホームで君を見送った時のように
いつまでもいられるように Oh…

君を連れていきたい

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:告白 歌手:JIGGER'S SON

JIGGER'S SONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP