流されて

この曲の表示回数 27,379
歌手:

原大輔


作詞:

阿久悠


作曲:

金起杓


腕に 爪の傷あとを
胸に 愛の傷あとを
過去は夢もひび割れて
暗い歌をうたう

なぜに 人はしあわせを
つなぐことが出来ないの
綱が 切れた舟のよう
遠く消えてしまう

流されて 流れ流れ
今はもう 逢えないけど
ただひとつ 胸の奥で
枯れない花がある

時は いつも悪戯を
人に 仕掛けてばかりで
夏の 夜が明けるよう
すぐに夢をさます

流されて 流れ流れ
哀しみも 忘れたけど
ただひとつ ふれただけで
泣きたい傷がある

流されて 流れ流れ
想い出も 見えないけど
ただひとつ まぶた閉じて
たずねる人がいる

流されて 流れ流れ
今はもう 逢えないけど
ただひとつ 胸の奥で
枯れない花がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流されて 歌手:原大輔

原大輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-07
商品番号:TACL-2394
ニュートーラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP