岩尾別旅情

この曲の表示回数 33,035

北の涯 知床の
吹く風はつめたく
波荒いオホーツクに
白いかもめはあそぶ
丘の上に咲く 一輪の
エゾニューの花によれば
茜色の 空に光る
小さな星ひとつ

友と語る 知床の
岩尾別の宿よ
静かに 雨降る夜の
思い出はもう消えぬ
ランプを見つめ 彼の友と
旅の情うたえば
暗い夜の 谷間へそっと
美わしく流れゆく

別れてゆく 知床の
霧にけむる道で
手を降る 君の姿は
花のかげに消えた

いつの日かまた 会えると
笑顔で別れてきた
君の声が 今もきこえる
その日までさようなら
君の声が 今もきこえる
その日までさようなら

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:岩尾別旅情 歌手:さとう宗幸

さとう宗幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-01
商品番号:KICM-8045
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP