萌ゆる想い

この曲の表示回数 25,461
歌手:

さとう宗幸


作詞:

さとう宗幸


作曲:

さとう宗幸


ゆるやかな坂道を
のぼりつめたこの広場で
人の波にもまれながら
はじめて君を識った
ふりかえれば 長い道程
二人が出会う日まで
だから今は陽光(ひかり)の中
君のために生きている

眠れぬままに時はすぎ
さまよい歩く夜の径
南から吹いてくる
季節の風とすれちがう
ふたつの星が寄り添う
夜空を見上げていたら
君が倖せであればいいと
知らずに涙こぼれてた

夢見たものが知らぬまに
淡く消えることがある
いつの日か別れが来ても
君を忘れずにいよう
狂おしい空の青さよ
両手を拡げていたら
祈る心はふるえながら
君住む街へ駆けてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:萌ゆる想い 歌手:さとう宗幸

さとう宗幸の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-01
商品番号:KICM-8045
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP