試聴する

Sugar & Milk

この曲の表示回数 3,090
歌手:

Flower Notes


作詞:

Sean Sheller


作曲:

伊藤和馬


魔法の言葉ひとつあげるよ あなたのために

雨の音がはらはら パラソルが揺れてる 放課後の帰り道の出来事から
始まるストーリーはふたりのものなのかな わからないけどそうだといいな

いつしか降り出した雨も止んでいた
陽が射したらパラソルは置いてゆこう

魔法の言葉ひとつかけるだけ お砂糖もミルクもいらないから
ビターな笑顔つくらずに済むなら それが一番素敵だね

風の音がざわざわ そよ風が吹いてる 門限間近の思い出から

気づけばお日様が月に変わってた
とっておきの楽しみは明日にしよう

魔法の力ひとつ頼るだけ 神様も許してくれるのでしょう
ベターな道を選ぶくらいならば ベストな道を行きたいね

海の向こう 夢に見た街がある 果てしなく離れているけど
歩いていこう すべての道がベストさ その街に続いてる

魔法の言葉ひとつかけるだけ お砂糖もミルクもいらないから
ビターな笑顔つくらずに済むなら それが一番素敵だね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Sugar & Milk 歌手:Flower Notes

Flower Notesの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-12-07
商品番号:COCA-17238
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP