試聴する

晩秋

この曲の表示回数 6,766
歌手:

城南海


作詞:

笹川美和


作曲:

笹川美和


枯れ薄そよぐ晩秋の風
あたしの頬も撫でゆく
彩づいたであろう木の葉たちも
今では道に積もりゆく

見上げた木立は全ての葉を落とし
高い秋空に両腕を伸ばす

つぎの季節を生きぬくために
余計なものなどをその身から剥がし
つぎの季節で芽吹くために
静かにただ潜めて

露時雨溶かし出す秋うらら
あたしの心も溶かしゆく
眩しいほどの陽の光
閉じた瞼が暖かい

見据えた未来は曖昧にぼやけて
答えを求めて両腕を伸ばす

つぎの季節を向かえるために
余計なものなどこの身から剥がし
つぎの季節で笑えるために
静かにただ見つめて

あがいて、もがいて、さけんで、ないて、見つめて

つぎの季節を向かえるために
余計なものなどこの身から剥がし
つぎの季節で笑えるために
静かに見つめて
そして自分を見つめて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:晩秋 歌手:城南海

城南海の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:PCCA-4443
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP