コモリウタ

この曲の表示回数 9,193
歌手:

Sound Schedule


作詞:

大石昌良


作曲:

大石昌良


どんな空を過ごしただろう
無邪気にはしゃぎながら
交差点を過ぎる頃には
どんな空だっただろう

凍えそうな空気
ひと気のない夜の波止場で
うつ向いたままじゃいられないから...

僕らは皆 叫びだした
冬の風にセミの声
波打つ舟 光りのすじたち
眠れる言葉を探す

あの角を曲がった場所には
バスケットコートがある広場
タイムパーキングに変われど
バスケットコートがあった広場

生意気な夢は
ため息交じり胸の奥で
消えゆくのでしょう
あなたが今 いないように

僕らはそう 例えるなら
冬の風にセミの声
波打つ舟 光りのすじたち
眠れる言葉を探す

僕らは皆 叫びだした
冬の風にセミの声
波打つ舟 光りのすじたち
眠れる言葉を探す

今は眠ろう 今は帰ろう
土の中で春を待とう
今は眠ろう 今は帰ろう
コモリウタだけ残して...

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:コモリウタ 歌手:Sound Schedule

Sound Scheduleの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-08
商品番号:YCCL-00003
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP