この曲の表示回数 3,365
歌手:

天知茂


作詞:

山田孝雄


作曲:

中山大三郎


俺の目を見て 離さない
酒場の女の つぐ酒は
酒は涙で できていた
嘘もおせじも 言えないが
その娘がそばに 居るだけで
酒は情の 味がした
飲んでばかりじゃ いけないわ
少しは食べなきゃ もたないわ
そっと差し出す 細い指

こんなところに いるなんて
おまえに何だか 似合わない
聞いてやろうか 身の上を
俺もいろいろ あったけど
そろそろ欲しい ものがある
それをおまえに 見つけたよ
いいえ私に かまわずに
貴方に似合った いゝ人を
好きになってと 泣く女

過去はどうでも いいんだと
コートに女を つつむよに
俺は二人で 街を出た
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒 歌手:天知茂

天知茂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-12-19
商品番号:UPCH-8014
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP