酔月情話

この曲の表示回数 1,619
歌手:

真咲よう子


作詞:

坂口照幸


作曲:

大谷明裕


信じていました 来て下さると
目元(めもと)うるうる 川になる
どうぞ叱(しか)って その胸で
あなたを慕(した)う 女のこころ
火のみち踏んでも 増(ま)すばかり
月も人恋(こ)う 酔月(よいづき)情話

お酒を含(ふく)んで あなたに移(うつ)す
裾(すそ)に乱れる 緋(ひ)ぢりめん
肌(はだ)をころがる 露(つゆ)の玉
あなたの指で はじかれましょう
この世の外へと つれてって
月も濡(ぬ)れます 酔月(よいづき)情話

ひと夜(よ)の嵐に 枕(まくら)も沈(しず)む
こらえきれずに 漏(も)れる息
そうよ百年 それ以上
あなたのそばで 過ごせることは
いとしさ余(あま)って 残る紅(べに)
月も恥(は)じらう 酔月(よいづき)情話
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔月情話 歌手:真咲よう子

真咲よう子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-12-17
商品番号:CRCN-45518
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP