試聴する

君はまた夢を見る

この曲の表示回数 6,567
歌手:

Shout it Out


作詞:

山内彰馬


作曲:

山内彰馬


舌打ちが埋め尽くした
満員電車の中
今日も悲しいニュースが
指先ひとつで忘れられていく
このままどこへ
向かってるんだか分からなくなった
今日も作り笑いで終わる1日が始まる

優しくない世界で僕ら
どんなに嫌になっても輪になって
耳塞いでまた朝を待てばいい?

叫んでみたって
誰も振り返らないから
黙るようになった
いつかの僕
もうどうすりゃいいのか
分からないや
見失いそうでも
きっと単純なんだ
ただ少し笑っていたいだけ

いつか僕ら終わってしまうけど
ただ終わりに向かっているだけじゃない
流れるように過ぎていくこの日々に
笑えたらこの不安も報われるだろう

叫んでみたって
誰も振り返らないから
ただ一人君だけに
伝えることにしたんだ
まだどうすりゃいいか

分からないこんな世界でも
僕らはずっといつまでも
夢を見ている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君はまた夢を見る 歌手:Shout it Out

Shout it Outの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-12-07
商品番号:PCCA-4446
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP