旅情の歌

この曲の表示回数 2,560
歌手:

加藤勉


作詞:

西條八十


作曲:

江口夜詩


大河のほとり駒とめて
誰に贈らんすべもなく
涙に摘みし螢草
夕月細く旅遠し

広野の涯に在りという
幸福(さち)を尋ねて若き日を
時雨にうたれ風に泣き
辿りし旅路幾歳ぞ

鳥啼く谷に日を暮らし
星の渚に眠れども
幸福(さち)は我身にめぐり来ず
こよいも更けて鐘が鳴る

可愛いの駒と労(いたわ)れば
駒も悲しく嘶(いなな)きて
涙に摘みし螢草
手綱にあわれほろり散る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅情の歌 歌手:加藤勉

加藤勉の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-11-20
商品番号:COCP-30712
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP