試聴する

さよなら橋

この曲の表示回数 9,568
歌手:

新沼謙治


作詞:

大倉百人


作曲:

大倉百人


さよならは雨の日に言うものじゃない
辛さだけが染み入るように残ってしまうよ
さよならは晴れた日にするものなのさ
また逢えそな笑顔のまま旅立つことだよ
そして未来のことは風にまかせ
たださよなら橋を渡れ
こころの中に風が吹いても
立ち止まらず一歩ずつ歩いて振り向かず

さよならは遠い空で言うものなのさ
恋しいなら愛しいなら涙がきらいなら
いまは淋しい思い川に流し
たださよなら橋を渡れ
こころの中に泣き虫がいても
叱ることなく泣きながら歩いて行くがいい
こころの中に雨が降っても
嘆くことなくただ一人歩いて行けばいい

こころの中で君は生きてる
さよなら橋を渡る僕は走って振り向かず
こころの中でふれあう人は
拒むことなくみちづれに歩いてみればいい
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよなら橋 歌手:新沼謙治

新沼謙治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-06-21
商品番号:COCA-14247
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP